INBOUND REPORT

2018年10月訪日外客数レポート

【単月訪日数】韓国人観光客、7月として過去最高の64.4万人、伸び率44.1%と好調な伸び率を維持

最終更新:2017-09-06 11:30:56市場レポート

日本政府観光局(JNTO)によれば、2017年7月の訪日外客数(推計値)は前年同月比16.8%増の268万2千人と、2016年7月の229万6千人を上回り、単月として過去最高となりました。これにより7月までの累計は前年同期比17.3%増の1,643万8,800人となっています。訪日韓国人観光客については、前年同月比44.1%増の644,000人と、単月として過去最高を記録しました。訪日外国人全体に占める7月の韓国人観光客のシェアは、前年同月の19.5%から24.0%と大きく増加しています。 2_韓国_棒 7月の韓国市場の概況についてJNTOは、格安航空会社(LCC)を中心に、関西や新千歳など各地への新規就航や増便、チャーター便の運航がなされたことや、昨年4月に発生した熊本地震の影響の反動、夏季に向けた訪日旅行プロモーションの効果により好調に推移し、訪日外客数全体の伸びを牽引したと分析しています。 2_韓国_線 日本のインバウンドにおける最大の市場である中国が一桁台の伸び率で推移しているのに対し、韓国市場は特に4月以降好調な伸び率を示しています。2016年は観光客数の少なかった4月から6月の時期も2017年は50万人を超える観光客が訪れています。今後は日本各地と韓国を結ぶ航空便の増減に留意しつつ、韓国市場の安定的な誘客を図っていくことが求められるでしょう。

カテゴリーを選択

アーカイブ

検索

PAGE TOP