INBOUND REPORT

2018年10月訪日外客数レポート

【ロシア】1億310万人のインターネット利用、パソコンの所有率は80%と高く利用時間は4時間40分

最終更新:2016-08-29 12:01:34市場レポート

ソーシャルメディア・コンサルティング企業「We Are Social」(本社:ロンドン)が発表している調査報告「Digital in 2016」には、全世界30ヶ国のインターネットやソーシャルメディアの利用状況に関する統計がまとめてられています。 今回は、この報告書から「ロシア」の状況に焦点をあて、インターネットやソーシャルメディアの利用状況を見てみましょう。

まずはロシアのデジタル環境についての概観です。ロシアの総人口1億4,340万人の72%に相当する1億310万人がインターネットを利用しています。ソーシャルメディアの利用者は6,850万人と国民の約50%が利用する結果となっており、その約62%にあたる4,250万人がモバイル端末からアクセスしています。

image002

デバイスのタイプ別に普及率を見てみると、ラップトップPCを含むパソコンが80%と非常に高い結果が出ています。続いてスマートフォンは61%、タブレット端末が33%と比較的高い値となっており欧米圏と同様の傾向が見られます。

image004

次にメディアごとの利用時間をみてみると、パソコンやタブレットの利用時間が4時間40分と西ヨーロッパ地域と比較しても長い結果が出ています。モバイル端末によるインターネット利用時間は1時間23分、ソーシャルメディア利用時間は1時間52分とパソコンでのインターネット利用が盛んである様子が伺えます。一方、テレビの視聴時間は2時間16分と欧米圏と比べてやや短くなっています。

image006

インターネット利用頻度については、「毎日利用する」と答えたユーザーが81%とフランスやドイツと大きな違いはありません。1週間に1度以上利用する人と合わせると95%とインターネットの利用率はやはり非常に高い結果となっています。

image008

続いてソーシャルメディア利用のデータです。ロシアでは2人に1人に相当する6,850万人がソーシャルメディアを利用していますが、モバイル端末からのアクセスは30%にとどまっています。

image010

利用されているソーシャルメディアも見てみましょう。ロシアで最も利用されているのはVKというSNSで39%となっています。次いで同じくSNSのOdnoklassnikiが32%と欧米とは異なるサービスの利用が盛んになっています。

image012

最後に、EC(eコマース)についてのデータです。ロシアでは、48%の端末で過去30日以内に商品やサービスが購入されているという結果になっています。購入割合はフランスなどと比較して低い値ですが、過去30日以内の検索は64%と同等の値となっています。購入割合に対し検索割合が高いのがロシアの特徴です。

image014

以上ロシアのインターネット・ソーシャルメディアの状況みてきましたが、アジアとも欧米とも異なる環境が示されていました。パソコンの所有率が8割と高いことに加え、利用時間も4時間40分と長い結果でした。またソーシャルメディアの市場もVKやOdnoklassnikiといった独自のサービスが上位を占め、他国との傾向の違いがはっきりと表れています。ビジネスシーンにおいてロシア企業との取引の際、ビジネス文化の違いに戸惑うといった声も聞かれますが、ロシア市場を狙う際には他のヨーロッパやアジア諸国とはロシア向け戦略が必要と言えるでしょう。

カテゴリーを選択

アーカイブ

検索

PAGE TOP