INBOUND REPORT

[ 市場レポート ]

【単月訪日数】シンガポール、4月として過去最高の3.8万人、伸び率は6.3%増と堅調に推移

最終更新:2018-06-08 11:02:52市場レポート

日本政府観光局(JNTO)によれば、2018年4月の訪日外客数(推計値)は前年同月比12.5%増の290万1千人と、2017年4月の257万9千人を上回り、単月として過去最高となりました。4月までの累計は1,051万9千人となり、これまでで最も早いペースで1,000万人を超えました。シンガポールについては、前年同月比6.3%増の37,600人となり、4月として過去最高を記録しました。訪日外客数全体に占める4月のシンガポールのシェアは、前年同月の1.5%から微減の1.3%となっています。 4月のシンガポール市場についてJNTOは、桜人気による訪日需要の高まりや春の魅力を訴求する訪日旅行プロモーションの効果に加え、航空座席供給量の増加も訪日者数を押し上げたと考えられるとしています。 シンガポール市場では1月から4月までの累計旅行者数は120,400人と前年同期比にして12.3%の伸び率となっています。シンガポールからのインバウンドが引き続き気になる一方、5月にはIR整備法案が閣議決定されるなど、日本での「カジノ解禁」への動きが進んでおり、これを機にシンガポールの事例や課題などを見直しておきたいところです。

カテゴリーを選択

アーカイブ

検索

PAGE TOP