INBOUND REPORT

[ 市場レポート ]

【年間訪日数】タイ観光客、過去最高の98.7万人、前年比9.5%増の市場拡大

最終更新:2018-04-13 16:50:38市場レポート

日本政府観光局(JNTO)によれば、2017年12月の訪日外国人観光客数(推計値)は前年比23.0%増の252万1千人と、2016年12月の205万1千人を上回り、12月として過去最高となりました。これにより2017年の訪日外国人観光客数は前年比19.3%増の2,869万1千人と、統計史上最多となりました。訪日タイ観光客は前年比9.5%増の987,100人と、過去最高となりました。訪日外国人全体に占める2017年のタイ観光客のシェアは、前年の3.8%から微減の3.4%となりました。 2017年のタイ市場についてJNTOは、7月を除く全ての月で同月過去最高を更新したことに触れ、特に年間最大の旅行シーズンであるソンクラーン(タイ正月)休暇のあった4月は、単月として過去最高となる138,559人を記録し、東南アジア市場からの訪日需要を牽引したとしています。 FITやリピーターが増加傾向にあるタイ市場は、昨年と比較し11・12月の観光客数が好調に増加しました。東南アジア市場全体に目を向けてみると、ベトナムが32.1%、インドネシアが30.0%の高い伸び率を示しており、市場の多様化が進んでいることが伺えます。タイ市場は観光客数の月格差が大きく、こうした市場の特徴を捉えた取り組みが有効です。

カテゴリーを選択

アーカイブ

検索

PAGE TOP