INBOUND REPORT

[ 中国 ][ 市場レポート ]

【9月訪日数】中国、今年初めて前年同月マイナスの65.3万人、伸び率は3.8%減

最終更新:2019-01-17 11:10:21市場レポート

日本政府観光局(JNTO)によれば、2018年9月の訪日外客数(推計値)は前年同月比5.3%減の216万人と、2017年9月の228万人を下回り、2013年1月以来、5年8ヵ月ぶりに前年同月を下回る結果となりました。9月までの年間累計は前年同期比10.7%増の2,346万9千人となり、堅調に推移しています。中国については、前年同月比3.8%減の652,700人となりました。訪日外客数全体に占める9月の中国のシェアは、前年同月の29.7%から微増の30.2%となっています。 9月の中国市場についてJNTOは、関西空港の閉鎖や北海道胆振東部地震による航空便の欠航のほか、団体旅行のキャンセルや延期が発生したことや、クルーズ船についても台風などの影響で、欠航や寄港中止がなされたことを挙げ、訪日者数は前年同月を下回ったとしています。 中国市場は今年初めてマイナスの伸び率となりました。とりわけ関西空港の閉鎖は中国市場で人気のある関西方面への旅行者減に大きく影響したと考えられます。それでも、1月から9月までの累計旅行者数は6,448,300人と前年同期比にして16.0%増の伸び率となっており、主要アジア4市場では唯一2桁の伸びを維持しています。

カテゴリーを選択

アーカイブ

検索

PAGE TOP