INBOUND REPORT

[ 市場レポート ]

【単月訪日数】台湾人観光客、単月過去最高の40.7万人、伸び率は8.5%とプラスを堅持

最終更新:2017-06-29 18:22:29市場レポート

日本政府観光局(JNTO)によれば、2017年5月の訪日外客数(推計値)は前年同月比21.2%増の229万5千人と、2016年5月の189万4千人を上回り、5月として過去最高となりました。これにより5月までの累計は1,141万1千人となり、過去最速で1,000万人を超えました。台湾人観光客についても前年同月比8.5%増の407,500人と、5月の値として過去最高となりました。訪日外国人全体に占める5月の台湾人観光客のシェアは、前年同月の19.8%から17.8%の2%減となりました。 3_台湾_棒 5月の台湾市場についてJNTOは、昨年は6月であった端午節が今年は5月に移動したことや、熊本地震の反動増、地方へのチャーター便運航など増加要因もあったとしながらも、航空座席供給量の減少により訪日需要を十分に取り込めなかったことなどから、訪日者数の大幅な伸びには繋がらなかったと分析しています。 3_台湾_グラフ 今年の台湾市場については定期航空路線の座席供給量の減少がボディーブローのように効いてきており、訪日ルートの地方への波及などがみられるものの、伸び率は1桁台で推移しています。訪日インバウンドにおける台湾市場は成熟化が進んできており、飽きない日本をどうつくっていくのかも課題の一つとなりそうです。

カテゴリーを選択

アーカイブ

検索

PAGE TOP