INBOUND REPORT

[ 市場レポート ]

【中国:訪沖外国人観光客数】 2017年6月は4万2,500人と前年比7,000人減、伸び率はマイナス14.1%

最終更新:2017-08-03 17:25:56市場レポート

 沖縄県が発表している「入域観光客統計」によれば、2017年6月に沖縄県を訪問した中国本土の外国客は4万2,500人と前年比7,000人減となりました。前年同月比の伸び率はマイナス14.1%となっています。また、沖縄県の外国人観光客総数に占める中国の割合は16.3%です。 沖縄_4_中国_棒  6月の中国市場の概況について沖縄県は、北京からの入域は韓国への旅行商品販売禁止による日本へのシフトがあったが一方、日本国内他地域との競合などにより空路客が対前年で減少したことなどから、前年を下回ったとしています。上海からの入域については前年同月と比べクルーズ船の寄港回が対前年で減少したことなどから前年を下回ったということです。 沖縄_4_中国_線  訪日全体における中国市場の伸びが鈍化するなかで、訪沖インバウンドにおいては2017年3回目のマイナス伸び率となりました。訪沖インバウンド市場全体における中国市場の割合は韓国と並んで存在感が大きいものの、今後の中国市場においては量的な取り組みのみらず質的な取り組みが重要です。中国市場のピークシーズンとなる7月から8月にかけてどこまで観光客数が伸びるかにも注目です。

カテゴリーを選択

アーカイブ

検索

PAGE TOP