INBOUND REPORT

[ 市場レポート ]

【11月速報】訪日観光客推移/中国

最終更新:2017-01-04 18:04:30市場レポート

【単月訪日数】中国人観光客、10月として過去最高の50.6万人、伸び率13.6%を記録

日本政府観光局(JNTO)によれば、2016年10月の訪日外客数は、1月からの累計が前年同期比23.3%増となる2,011万3千人と、初めて2,000万人を突破しました。訪日中国人外客数(推計値)についても、前年同月比13.6%増の506,200人で、10月の値として過去最高を記録。訪日外国人全体に占める10月の中国人観光客のシェアは、前年同月の24.4%から減少して23.7%となっています。

today_%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95_%e8%a8%aa%e6%97%a5_%e4%b8%ad%e5%9b%bd_%e6%a3%92

JNTOは、例年国慶節により外国旅行需要が増加する時期としながらも、特に今年は曜日配列が良く訪日需要を押し上げたとしています。また、大手新聞社や旅行雑誌社などのメディア招請をはじめとした訪日旅行プロモーションの訪日意欲の喚起への貢献を指摘しています。こうした要因により、低迷傾向にあった伸び率も13.6%と先月の値に比べて回復する結果となりました。

today_%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95_%e8%a8%aa%e6%97%a5_%e4%b8%ad%e5%9b%bd_%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95

一方、台風18号の影響によりクルーズのキャンセルが発生し、10,000人超の機会損失となった可能性がJNTOにより指摘されているように、天候の不順や自然災害などの観光産業への影響をいかに最小限に抑えるかという課題も改めて認識されています。テロの発生を受けて日本人観光客が激減したフランスの事例などを参考に、改めて対応策を練っていくことが重要となるでしょう。


カテゴリーを選択

アーカイブ

検索

PAGE TOP