INBOUND REPORT

[ 市場レポート ]

【12月速報】訪日観光客推移/中国

最終更新:2017-01-04 18:19:22市場レポート

【単月訪日数】中国人観光客、11月として過去最高の43.2万人、伸び率19.2%を記録

日本政府観光局(JNTO)によれば、2016年11月の訪日外客数は、前年同月比13.8%増の187万5千人と、11月として過去最高となりました。訪日中国人外客数(推計値)についても、前年同月比19.2%増の432,800人で、11月の値として過去最高を記録しています。訪日外国人全体に占める11月の中国人観光客のシェアは、前年同月の22.0%から微増の23.1%となっています。

today_%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95_%e8%a8%aa%e6%97%a5_%e4%b8%ad%e5%9b%bd_%e6%a3%92

中国市場に関して、11月までの累計観光客数は5,945,500人と全市場を通じて初めてとなる600万人が目前に迫っています。こうした11月の概況について、JNTOは紅葉シーズンに向けた屋外広告などの訪日旅行プロモーションが、FITやクルーズ需要の押し上げに貢献したとしています。

today_%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95_%e8%a8%aa%e6%97%a5_%e4%b8%ad%e5%9b%bd_%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95/p>

紅葉シーズンの到来や展示会等のイベント開催に加え、東アジアにおける航空路線の新規就航・増便、クルーズ船の寄港増加を訪日市場全体の活況の継続要因として指摘されていますが、日本のインバンドが依然として訪日外国人観光客の5人に1人の割合を占める中国を代表としたアジア市場に依存してます。そのアジア市場の伸び率は今年に入ってから昨年との比較において大きく下がってきており、アジア圏以外の需要や市場の拡大が今後の課題となっていくでしょう。


カテゴリーを選択

アーカイブ

検索

PAGE TOP